養育経験のない同僚の一言にちらっとイラッといった。

時節の変わり目、アダルトも赤ん坊も実情を乱し易いですよね。
つい先日、我が家の長男も実情を崩してしまいました。
共稼ぎ源一家につき、わたしが労働を休んで不自由を見るしかありませんでした。

何日か労働を休んで出社すると、私の役目担当内で次月の休日の予約をしている職場でした。
休んです引け目もあり、わたしは次月はお休み断ち切る意味をリーダーに案内済みだ。

ブレイクタイムになり、横の仲間(ひとり暮しマミー・10年代底)が休日予定の会話を振ってきました。
妻は、わたしが赤ん坊の病気などで休んでも不快形相せず労働を引き継いでくれるような有難い子供だ。
気まずさもありあいまいに返事をするわたし。
次月の日取りを見て、「○○ちゃん(わたし)お休みとらないんですね!」といった、妻が気づきました。
「もっとたっぷり休んじゃってるからね〜」って苦笑するしかありません。そういった景色での不確か受け答えと苦笑は既に長所テクだ。
なので妻は笑顔でワンポイント。

「大丈夫ですよ!赤ん坊が病気だって言って休んじゃえば素晴らしいか!」

悪気はないんでしょう。おおかた。
皮肉をいうタイプではないので。
けれども思わずイラッとしてしまいました。
言われても仕方ないけどやっぱ傷つくのです。キャッシング スピード審査